昔ながらの手法

古来から日本にモノが入ってくるときには、海外からの輸入という方法で流入してきていました。それは古代の遣唐使や遣隋使、また南蛮渡来の商品など、全て海上を経由した物流により輸入されてきていたといえます。
もちろん古代の海上ルートは物流ルートとしては不安定であったといえなくはありません。ですが、現代に至るまで海上を利用した物流は輸入の基本形としてずっと利用されてきています。

航空機などによる空輸も行われるようになった現代でも、海上ルートを利用した物流はしっかりと価値が有るものです。
その価値が未だに重要視されていることと、その価値は今後もおそらく不変であるという点から輸入を行う際にもずっとこのルートは活用されていくことでしょう。
それは日本という国土が四方を海に囲まれているという特性からくるものであり、他の国々と比べても確実に立地条件が違うということが理由にあるといえます。

また、海上輸送を利用した物流ルートは航空ルートなどに確実に負けないメリットがある点も見逃せません。
一度に大量に物資を運ぶことが出来るという点では確実に最強であることは間違いなく、その点が受け入れられていることからも今後この手法がなくなることはないといえます。
コストバランスなどから考えても、輸入を行ったりする際にこのルートを検討することはまず間違いなく必要であるといえるでしょう。

イチ押しリンク

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031